常勝2ファクターセミナー

常勝2ファクターセミナー

*

第152回 天皇賞 秋(GI)の枠順確定版データ

   


どうも、MR.Bです。
競馬ファンにとって大注目、
第152回 天皇賞 秋(GI)の枠順が
確定しています。そして、枠順が確定した事でかなり明暗が分かれました。
天皇賞(秋)における過去8年の枠番別成績が以下です。
2015年 天皇賞(秋)枠番別成績(過去8年)
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1枠 2-2-1-11 12.5% 25.0% 31.3%
2枠 2-1-0-13 12.5% 18.8% 18.8%
3枠 0-0-3-13 0% 0% 18.8%
4枠 1-3-2-10 6.3% 25.0% 37.5%
5枠 0-2-0-14 0% 12.5% 12.5%
6枠 2-0-1-13 12.5% 12.5% 18.8%
7枠 1-0-1-19 4.8% 4.8% 9.5%
8枠 0-0-0-23 0% 0% 0%
天皇賞(秋)は基本的に内枠が有利、大外8枠は
23頭が出走し3着以内馬はなし、8枠に入って
しまった3頭にとってはかなり厳しいデータです。
その上で全頭の一覧をまとめておきます。
2015年 天皇賞(秋)(GI)枠順
馬番 馬名  父 不安ファクターなど
1ディサイファ牡6 D ×6歳馬【0-0-2-26】
2アンビシャス牡3 D ×前走6着以下【0-0-0-54】
3サトノクラウン牡3ンチノ
×前走毎日王冠以外で負けた馬【0-0-1-44】
4ダコール牡7 D ×6歳以上【1-0-0-37】   
5クラレント牡6 ×6歳馬【0-0-2-26】
6カレンミロティックせん7 ×6歳以上【1-0-0-37】
7ラストインパクト牡5 D ×前走京都大賞典【0-0-0-16】     
8ラブリーデイ牡5 ×前走京都大賞典【0-0-0-16】
9エイシンヒカリ牡4 D △逃げ馬【0-1-0-9】   
10ペルーサ牡8 ×6歳以上【1-0-0-37】
11ワンアンドオンリー牡4 ×前走オールカマー【0-1-0-27】   
12ダービーフィズ牡5 ×前走毎日王冠以外で負けた馬【0-0-1-44】
13ヴァンセンヌ牡6 D ×6歳馬【0-0-2-26】     
14ステファノス牡4 D ×前走6着以下【0-0-0-54】
15ショウナンパンドラ牝4 D ×前走オールカマー【0-1-0-27】    
16イスラボニータ牡4 △前走上がり6位以下【3-2-3-69】
17スピルバーグ牡6  D ×前走10着以下【0-0-0-5】    
18アドマイヤデウス牡4 ×前走10着以下【0-0-0-5】
補足
×前走毎日王冠以外で負けた馬【0-0-1-44】(宝塚記念は除く)
×前走6着以下【0-0-0-54】(前年天皇賞秋、JC,有馬連対馬を除く)
⇒父ディープインパクト産駒
◆第152回 天皇賞 秋(GI)前走脚質別集計 
—————————————————–
前走脚質    着別度数             勝率  連対率 複勝率
—————————————————–
上がり6位以下~    3-  2-  3- 69/ 77    3.9%   6.5%  10.4% 
—————————————————–
◆第152回 天皇賞 秋(GI)生産者別集計 
——————————————————–
生産者              着別度数        勝率  連対率 複勝率
——————————————————–
社台ファーム        3- 6- 3-29/41    7.3%  22.0%  29.3%
ノーザンファーム    3- 2- 3-34/42    7.1%  11.9%  19.0%
ノースヒルズマネジ  1- 0- 1- 5/ 7   14.3%  14.3%  28.6%
社台コーポレーショ  1- 0- 1- 8/10   10.0%  10.0%  20.0%
——————————————————–
第152回 天皇賞 (秋)は過去5年上がり最速馬が
【3-2-1-0】で複勝率100%、エイシンヒカリと
イスラボニータは前走上がり6位以下でデータとしては
勝率3.9%のレンジに該当、もう一つは社台系の活躍が目立つ
レースであり過去10年の生産者データが非常に優秀、
この点では若干の割引材料と言えます。
上記データを加味した上で枠順確定後の
第152回 天皇賞 秋(GI)推奨注目馬とは?

 - 競馬データ分析